外出時に、バイクをどのように盗難から守るか

バイクをロックする

バイクの盗難は近年増加している問題です。 しかし、その被害者にならないためには、実際にセキュリティを強化するためできるいろいろなことがあります。 これにより、主要都市であっても、盗難の可能性が低下します。
外出中は、かさばるセキュリティデバイスをたくさん持ち歩くのは実用的ではありません。 しかし、市場を見れば軽量でも十分なセキュリティ性能を持ったツールはたくさんあります。それらのいくつかは、まったく持ち歩く必要はありません!
以下の手順に従って、家から離れてもバイクの安全を守ることができることを確認してください。また、記事の下の手順をまとめたインフォグラフィックもご覧ください。

安全な場所に駐車する

まず第一に、泥棒が盗むのが難しく考え直すような場所に駐車しましょう。 防犯カメラとセキュリティを備えた駐車場は当然の選択です。セキュリティ対策が講じられている場所、または少なくとも近くに人通りがあることで、ほとんどの日和見泥棒を遠ざけます。

ステアリングロックをかける

ほとんどすべてのバイクにはステアリング(ハンドル)ロックがありますが、駐車するときに適用するのが最も簡単なセキュリティ対策です。ただし、泥棒がロックを解除するのは難しいことではないので、バイクのセキュリティとしてはそれだけでは不十分です。せいぜい、それはどんな泥棒にである程度の抑止力にしかなりません。

ディスクロックを取り付ける

シンプルで軽量なディスクロックは、ジャケットのポケットに収まるか、ほとんどの場合座席の下に収まります。ハンドルバーに固定された鮮やかな色のケーブルは、泥棒に対する視覚的に明確な抑止力にもなります。ただし、(誰もが経験しやすいことですが)ロックを取り付けたまま走りださないでください。だいたい3,000円程度で購入で、安価です。また、更にハイレベルなモーション感知アラームバージョンもあります。

後輪にチェーンロックをとりつける

後輪にチェーンロックを付けるのもひとつの有効な方法です。 最も重いチェーンロックを購入するのは、良いアイデアのように聞こえます。しかし、実際には、重すぎて外出時には家に置いておくことも多いでしょう。それと同じ程度の防犯性能でもっと軽量のものがあれば、そちらを選ぶべきでしょう。
10〜12mmのリンクを備えたチェーンを手に入れると、最高の強度と重量の比率が得られます。 値段はピンキリです。それを後輪に通し、近くの丈夫な金属片(街灯柱、手すりなど)に取り付けます。 チェーンは地面から離しておいてください。 地面に接していると泥棒が地面を使ってボルトクロッパーやスレッジハンマーを使用してリンク/ロックを粉砕することができます。

アラームシステムを取り付ける–設定することを忘れないでください!

バイク泥棒の作業は速い。とても速いです。したがって、音が鳴るタイプのアラームは、彼らにとってそれほど大きな抑止力ではありません。ただし、他のセキュリティ対策と組み合わせると、泥棒がバイクから逃げ出すまでの時間が大幅に長くなります。ノイズの多いアラームが実際に有効になるのはそのときです。
英国ではThatchamが認証したアラームを入手し、専門家に取り付けてもらうことで、バイクのセキュリティが向上し、保険料が下がります!

最悪の事態が発生した場合…

以上のすべてのセキュリティ対策を講じても、泥棒によってはバイクを盗む方法を見つけます。したがって、バイクの回復に役立つ最善の手段は、GPSトラッカーを装着することです。 GPSトラッカーは、静止していても移動中でも、バイクのリアルタイム座標をスマートフォンに提供します。つまり、警察と協力して、バイクが闇市場に持ち込まれる前に、バイクをすばやく追跡して回収できるということです。コリンが彼のBMW R1200GSがロンドンで盗まれたときにしたように。

MonimotoスマートGPSトラッカーの費用はわずか149ポンドです。 それはまともなロックとチェーンよりも安価で、それでいてバイクを回収する可能性を劇的に高めます。 こちらから入手してください:

how to protect your bike