MonimotoとAirTagの比較(バイク盗難に関して)

2021年4月30日、Apple社が紛失防止タグ「AirTag」を発売しました。

それ以降、AirTagがバイクの盗難防止に使えるのか?Monimotoとの違いは何か?
などの質問をたくさんいただいているので、以下にまとめます。

monimoto
<monimoto本体とキー>
<Apple社ウェブサイトより>

AirTagの詳細や使い方はAppleのウェブサイト(https://www.apple.com/jp/airtag/)をご覧いただくとして、結論から申し上げると、AirTagはapple社の発表にもあるとおりあくまで「紛失防止」のためであり、以下の2点から「盗難防止」の目的で使うには難しいと考えられます(紛失防止に対しては非常に有効なアイテムであると思います)。

①他人の持ち物に紛れ込んだAirTagが発する警告音

Apple社のウェブサイトによると、「AirTagは、不要な追跡に使われないように設計されています。誰かのAirTagがあなたの持ち物に紛れ込んでも、あなたのiPhoneがそれを検知してアラートを表示。見つけられない場合でも、AirTagが音を鳴らし始めるので安心です」とされています。

これはプライバシー保護機能、追跡・ストーキング防止機能の一環として、持ち主以外の荷物にAirTagが混入すると近くのiPhoneに警告が表示され、一定時間経過後はAirTagから警告音が鳴りだします。つまり、窃盗犯がiPhoneを所有していた場合、盗んだバイクにAirTagが設置されていることがバレてしまいます。窃盗犯がAndroidのスマートフォンを使用していた場合もAirTagから音が鳴れば見つかって捨てられてしまうでしょう。

②位置情報の特定は付近のAppleデバイスとBluetoothによる

また、AirTagが自身の位置情報を特定する仕組みは、AirTagが発信するBluetooth信号を付近にあるiPhone、iPadなどが受信し、iCloudに送ることによって可能となります(ちなみに情報は暗号化されているとのこと)。これにより、Appleデバイスユーザーが多い都市部などでは紛失物の場所が見つかる可能性は非常に高いでしょう。

ただ、窃盗犯となると盗んだバイクを人里離れたガレージや広い工場跡地などで保管するケースも多くあります。Bluetoothの接続距離はそこまで長距離ではないと思われるので、こういった「周囲にiPhoneやiPadがない状況」では盗まれたバイクの位置を特定できる可能性は低いと考えられます。

③Monimotoは「盗難防止」のために開発された製品です。

Monimoto(モニモト)はセキュリティ部門のスペシャリストが開発した製品です。設置したバイクが盗難された場合には「静かに追跡」し、持ち主に位置情報をお知らせします(絶対に1人で取り返そうとせず、警察に通報してください)。また、内蔵のGPSで位置情報を特定するため、地球上ほとんどの場所で位置情報を取得することができます(頑丈な金属製のガレージや地下深い駐車場などを除く)。

Apple社自身もAitTagはあくまで紛失防止のためと言っております。紛失防止の観点からするとリーズナブルで十分な機能を備えた製品だと思います。ただし、「餅は餅屋」、「バイク盗難はMonimoto」にお任せください(でも、100%防げるわけではございません、ご了承ください)。

ホワイトベース二宮さんの見解