MONIMOTO GPSトラッカー サクセスストーリー:盗まれたバイクが30分以内に回収できたケース

盗まれたバイクが警察に通報されてから回収されるまで、どのくらいの時間がかかると思いますか? 28分です。もしMonimoto GPS トラッカー が設置されていれば、の話ですが。

今回のケースが標準的なことだとは言えないかもしれませんが、Monimotoトラッカーが作動した後、すぐに警察に連絡し、警察がすぐに動いてくれれば、記録的な速さで盗難されたバイクを回収することは十分可能です。ノアさんの話はまさにその典型です(スコットランドで発生したケースです)。

盗難されたバイクの回収

スコットランド・エディンバラ在住のノアさんは、介護施設にいる親戚を訪ねた際、駐車場にZontes Javelin 125を停めました。ノアさんによると、ちょっとの時間を過ごすだけだったし、駐車場は安全そうだったと言います。「駐車場には監視カメラが設置されていたので、バイクを停めてハンドルロックをかけ、数分間だけなら大丈夫だろうと思っていました」。

しかし、時には数分の間にものごとが展開することもあります。ノアが施設に入るとすぐに、スマートフォンが鳴りました。「モニモトから電話があって、バイクが動いていると言われたんだ。慌てて外に出てみると、すでにバイクは盗まれていました」とノアは振り返ります

すぐに警察に電話をかけ、モニモニのアプリを開いてバイクの移動先を確認しました。「そして、8分後には警察の車が来てくれました。リアルタイムで最新の情報を伝えることができたし、警察の人たちは本当に素晴らしかった」とノアは言います。

彼はパトカーに乗せてもらい、もう1台のパトカーは地元の線路近くの工業団地を捜索しました。「警察の対応は素晴らしく、30分もしないうちにバイクの位置を特定してくれました」とノアは語ります。

警察は、盗まれた彼のJavelinを近くの倉庫で発見しました。壊れたイグニッションロックと切断されたワイヤーを除いて、バイクを無事に回収しました。

窃盗に使われたテクニック

ノアによると、切断されたワイヤーは、窃盗犯が電子機器を使えなくするためにショートさせようとしたことを示しているだろうといいます。

「バイクを見つけたときには誰もいませんでしたが、警察が倉庫の所有者を見つけてくれるということです。近所の人の話では、怪しい人たちがよく盗みに使っているそうで、警察は簡単に犯人を見つけてくれると思いますよ」。

ノアは、バイク泥棒たちが彼のJavelinを見つけたとき、準備万端の状態でターゲットを探していたと考えています。「私のバイクを見たとき、彼らは必要な道具を持っていたし、家の方向に帰る途中だったのではないでしょうか。倉庫は、ほんの数通り先でした。彼らは、バイクに配線されたトラッカーを無効にするためにワイヤーを切断しました。倉庫までの距離が短かったので、バイクは押していけばいいですから。配線を切る理由が他になかったと思います。」といいます。

ここがMonimotoの最大の特徴の一つです:バッテリー式で小さく、ほとんど気づかれないモニモトは、泥棒がバイクの配線を傷つけても動作します。

“MONIMOTO, 素晴らしい製品をありがとう。” –ノア