オートバイ用ヘルメットガイド

バイクのヘルメットは、クルーザーバイクで道を走る前に購入できる最も重要な安全装備です。ヘルメットは、衝突時の保護、走行中の外的要因からの頭部の保護、そしてライディングエクスペリエンスを向上させるものです。オートバイ用ヘルメットには、さまざまなスタイル、形、色、サイズがあります。ヘルメットを選ぶ際には、どのような特徴を持つものか、適切なサイズと装着方法、正しいタイプのヘルメットの選び方、安全認証など、考慮すべきことがたくさんあります。

初めてバイク用のヘルメットを買うにせよ、古いヘルメットを買い換えるにせよ、あるいは最新のヘルメットにアップグレードするにせよ、ヘルメットを優れたものにするのは何か、自問自答する必要があります。ヘルメットを買うときに探すべき重要な機能とは何でしょうか。このガイドは、次のヘルメットを購入する際に自信を持って答えられるよう、 これらの質問に答える手助けをします。

オートバイ用ヘルメットを買うときに見るべきもの

ヘルメットを購入する前に、まず何を探すべきか正確に理解することが大切です。多くのバイク用ヘルメットがある中で、自分が買おうとしているものが正しいかどうかを確認することは非常に重要です。ここでは、あなたのライディング経験やニーズに関係なく、最も重要なことを説明します。

安全性評価

バイク用ヘルメットを選ぶ際に、まず考慮すべきなのは安全性です。なぜなら、オートバイ用ヘルメットの第一の目的は、事故 の際にライダーをケガから守ることだからです。スタイルや快適さよりも安全性を優先させるべきで、これによって乗 車中に不必要に安全を危険にさらすことがなくなるからです。

DOTやSNELLなどの安全認証規格を満たした、高品質のヘルメットが望まれます。実際、米国は世界で最も厳しいオートバイ用ヘルメットの安全基準を持っています。ですから、ヘルメットを購入する前に

・ DOT、SNELLなどの国際安全規格に適合していることを確認すること。
・ 高い衝撃速度に耐え、釘やネジのような鋭利なものが刺さらないこと。
・ 認証ステッカーがあり、最新の規格に適合した材料で設計・製造されていること。
・ 特に夜間や霧など視界が悪いときに乗る場合は、反射板や明るい色など、他の安全機能を備えている必要があります。ま・ た、バイザーは朝や昼の走行時に太陽のまぶしさを目から遮るのに有効です。

フィット感・快適性


バイク用ヘルメットは、いかにフィットさせるかが重要です。適切にフィットするヘルメットは、着用者を最大限に保護し、ライ ディングをより楽しいものにしてくれます。もちろんこれは、ヘルメットのサイズ、素材、そして快適さと透 湿性を考慮しなければならないことを意味します。

オートバイ用ヘルメットは、顔全体をあまり引き下げずに、額にぴったり とフィットするものでなければなりません。
額や頬のあたりに圧迫感がある場合は、きつすぎるということです。
また、ヘルメットをかぶって、左右や上下に回転させてみて、圧迫箇所がないかを確認するとよいでしょう。
ヘルメットを動かしてみて、頭の特定のポイントの下の皮膚に動きがない場合は、その特定の場所がきつすぎるということです。
また、チークパッドが顔にきちんとフィットしているかどうかも確認する必要があります。
バラクラバやネックウォーマーを着用していない場合は、あごの周りに十分なスペースがあるかどうかを確認し、口を開けたり閉じたりするときにぴったりしすぎて挟まれないようにします。
ヘルメットの後頭部がしっかり固定されているか、ずれたり移動したりしないかを確認します。また、通話中に口を開けようとしたときに、ストラップとあごの間に指2本が入るかどうかも重要なポイントです。
ヘルメットは、通常の活動中に所定の位置に留まるのに十分なほどきつく、しかし苦痛を与えない程度に緩いものでなければなりません。
ヘルメットのカスタマイズを検討する。ヘルメットには、パッド、挿入物、および取り外し可能な部品が付属しているこ とがよくありますが、これらはヘルメットのフィット感を大きく変えることがありま す。
また、ヘルメットの重量を考慮することも重要です。軽量のヘルメットは、長時間かぶっていても快適ですが、必要な保護 を確実に提供することができます。

ヘルメットの種類

バイク用ヘルメットにも、ライディングスタイルやバイクのタイプに合わせて、さまざまな形やサイズ、デザインがあります。市場にはいくつかのブランドのヘルメットがあり、それぞれが独自のスタイルとデザインを持っています。新しいバイク用ヘルメットを購入する場合は、利用可能なさまざまなタイプを理解することが重要です。

・ フルフェイスヘルメット – フルフェイスヘルメットは、最も保護性の高いヘルメットです。その名の通り、顔のほとんど(全部ではないにせよ)を覆ってくれます。
・ オープンフェイスヘルメット – あごバーがなく、顔がむき出しになっているヘルメットです。
・ モジュラーヘルメット – モジュラーヘルメットは、オープンフェイスまたはフルフェイスヘルメットの一種で、下部を取り外したり跳ね上げたりすることが可能です。
・ オフロード/モトクロス用ヘルメット – サンバイザー、あごの保護、換気口が付いたヘルメットです。アドベンチャーやエンデューロのバイクを楽しむ人、プロの競技に参加する人には必需品です。
・ ハーフヘルメット – 他のヘルメットと違い、頭頂部のみを覆い、残りの部分は覆われていないヘルメットです。
・ デュアルスポーツヘルメット – デュアルスポーツヘルメットは、アドベンチャーヘルメットと呼ばれることもあり、オンロードでもオフロードでも使用可能です。バイザー一体型が主流です。しかし、オフロード用と同様に、フェイスシールドがないものも多くあります。
乗るオートバイの種類によって、フルフェイスヘルメットが必要な場合と不要な場合があります。街中を走る程度であれば、オープンフェイスのバイク用ヘルメットの方が、煩わしさがなく、スタイリッシュです。このタイプのヘルメットは、周辺視野を遮ることなく耳まで覆うので、事故の際にも十分な保護が得られます。しかし、高速道路を走る場合や通勤する場合は、フルフェイスのバイク用ヘルメットが最適です。

ヘルメットの価格


価格は主要な要因ではないはずですが、無視することはできません。ヘルメットの価格は、使用されている素材、技術的な特徴、認証、ブランドなど、さまざまな要因によって決まります。たとえば、最新のハイテクバイク用ヘルメットは、Bluetoothや内蔵カメラなど、ハイテクを駆使した機能を備えているため、より高価になる可能性があります。

また、ジャケット、グローブ、パンツ、ブーツなど、他の安全装備も購入する必要があることを念頭に置いてください。ですから、賢く使って、お買い得品を探しましょう。購入する前にヘルメットのレビューを読み、価格を比較する。

ヘルメットの特徴について知っておくべきこと

バイク用ヘルメットの機能は多岐にわたるので、購入する前に何が必要かを知ることが大切です。まず、ヘルメットを選ぶ際には、どのようなライディングをすることが多いかを考えてください。これらの重要な機能を考慮するとよいでしょう。

・ ヘルメットシェルの素材。ヘルメットを構成する材料は重要です。重量、快適さ、および安全性の分類は、すべてヘルメットの材 料に影響されます。大半のヘルメットは、ポリカーボネート、グラスファイバー複合材、または カーボンファイバーでできており、その上に発泡ポリスチレン (EPS) の層があり ます。
・ ヘルメットの重量:ヘルメットの重量は、平均して1400グラムから1800グラムの間です。重量の最も重要な点は、正しくフィットしたヘルメットで、重量が頭と肩に均等に分散されるようにすることです。重心が正しくなければ、軽いヘルメットも重く感じられます。モジュラーヘルメットは、バイザーの部品を含んでいるので、フルフェイスヘルメット よりもかなり重いかもしれません。
・ 安全機能。バイク用ヘルメットの安全技術は急速に進歩しており、緊急用チークパッド・システムなど、医療関係者がより安全かつ簡単にヘルメットを脱いで負傷したライダーの頭部にアクセスできるようにする革新的な安全技術もあります。
快適な機能 今日のヘルメットには、さまざまな技術的進歩があります。サンシェード、防風対策、通信機能など、ライディングをより楽しくするための機能が充実している。
ヘルメットの機能には多くのものがありますが、自分にとって最も重要なものだけを選ぶのが賢明です。例えば、友人と最高のクルーザーバイクでドライブするのが好きなら、ライド中に音楽を聴いたり、友人とコミュニケーションを取ったりするのも楽しいでしょう。Bluetooth搭載のマルチコミュニケーション機能付きヘルメットを選べば、道中もおしゃべりできます。また、パッドが必要な場合は、取り外し可能なライナー付きのヘルメットを選ぶとよいでしょう。自分のライディングスタイルに必要なものを見つけることが大切なのです。

なぜ頭の形が重要なのか、どうやって自分の頭のサイズを決めるのか

バイク用ヘルメットを購入する際には、頭の形が重要です。多くのヘルメットは丸い頭に合うように作られていますが、楕円形の頭に合うようにサイズ調整されているものもあります。バイク用ヘルメットを所有したり試着したことがない場合、店で直接試着せずに自分の頭の形に正しくフィットするかどうかを知るのは難しいかもしれません。正確に測るには、頭の一番広い部分にメジャーを巻いて、その周囲を測るとよいでしょう。耳のすぐ下を測ってください。これは、ヘルメットのチークパッドが収まる場所です。

バイク用ヘルメットは5年で買い替えましょう


バイクのヘルメットは命を守る安全装備であり、5年経ったら買い換えるべきものであることを覚えておいてください。事故に巻き込まれた場合、ヘルメットは以前と同じレベルの保護が得られなくなる可能性があります。ヘルメットが損傷していないように見えても、内部に損傷があり、ヘルメット 内部の保護素材の完全性が損なわれている可能性があります。また、フィット感が快適でなくなった場合も、オートバイ用ヘルメットを交換す るべきです。オートバイ用ヘルメットは、頭の周りに心地よくフィットするものでなければなりま せんが、きつすぎるのはよくありません。

結論


バイクに乗るときはヘルメットは必需品です。ライダーが安全で、運転中に周囲に気を配り、人生のすべてを楽しむことができるようにするものです。バイクに乗るときは、短い時間でも長い時間でも、必ず着用しましょう。このガイドは、バイク用ヘルメットの購入に際して、正しい決断を下すための一助となるはずです。不安な場合は、時間をかけて、自分のニーズに最も適したものを見つけるまで、さまざまなレビューに目を通してください。彼らは多くの異なる種類とスタイルで来るので、皆のためにそこに1があるにバインドされています。