MONIMOTOがもう一つのバイクを守った話

イギリス、ウエストヨークシャー州リーズ在住のライダーであるジョンは、愛車Ducati Diavel 1260のためにMonimotoトラッカーを購入することを決めたとき、最初は少し信用していなかったと認めています。 「私の地域では、電波の通信が悪く、Monimotoからのアップデートもうまくできないときもありました。しかし、ガレージのドアを開けた瞬間、それはうまく接続されていて、うまく機能していたので、それまでは閉鎖されたスペースのせいであることがわかりました。 私は結局Ducati用に新しいMM6を購入し、古いMM2モデルをDucati Monster 797を持つ息子のアンディに渡しました」とジョンは語りました。

ジョンのバイクDucati Diavel 1260

彼によれば、アンディはしばしばジョンのところに立ち寄り、安全だということでガレージでジョンのDiavelの後ろに停めていました。

しかし、その忘れられない木曜日の夜、アンディの電話は午前1時に鳴り始めました。 「その時はいったい誰なのかと思いました。それがモニモト警報だと気づいたとき、私たちはすぐに準備をしてガレージに降りました。案の定、ガレージのドアが引き裂かれ、アンディのバイクがなくなっていました」とジョンは言います。

息子アンディのDucati Monster 797

Monimotoでトラッキング

最初の数秒間、パニックに陥ったジョンとアンディは、トラッカーのことを考えませんでした。 「私たちは二人とも気づくまで、Monimotoのことを数分忘れていました。アプリから追跡できるかもしれないと思いだしました!」

うれしいことに、Monimotoアプリは位置のアップデートを定期的に送信し、父と息子のチームは約4マイル離れた場所を追跡することができました。アドレナリンを高ぶらせつつ、彼らは警察に電話するのを忘れて、代自分たちだけでできるだけ早くバイクのもと行こうとしました。

「特定された場所に到着したとき、バイクは見えなかったので、リアルタイムトラッキングを有効にしました。すぐに、位置マーカーは数百ヤード離れた新しい場所に移動しました。私たちはゆっくりと近づきましたが、なんとそこは行き止まりでした。そこでバンを旋回すると、なんと、ヘッドライトに照らされてナンバープレートが輝いているのに気づきました。道の脇に、本当にバンの鼻先に息子のMonsterが駐車されていました!モニモトがこれほどまでに正確に位置を表示していることにショックに似た驚きを感じました」とジョンは語ります。

オートバイの回収

バイクを見つけたアンディはバンから飛び出し、道からバイクを引き出し、家に戻りました。

「バンで家に帰る途中で、Monimotoトラッカーをアンディのバイクに乗せていてとてもラッキーだったと話しました。 それがなければバイクを見つけることはできなかったでしょう! バイク盗難の一例としてカウントされ、別の盗まれたバイク同様、永遠に消え去っていたでしょう。 私はまた、泥棒が盗んだはずのバイクが無くなったと慌てているに違いないと想像していました!」

バイクを迅速に取り戻し、さらに住所を警察に届けることができます。私たちは後で警察に電話し、調査してくれると言っていました。

私の息子はバイクを使って通勤しているので、もしそれが盗まれたらそれは大きな問題でした。

今となってはMonimotoなしでバイクに乗ることはありません。

Monimoto、ありがとう、あなたはもう1つのバイクを救ってくれました!」