バイクのアラームの感度の調整に関して

ライダーとして、バイクが駐車されているときにどれほど脆弱であるかをよく知っておくべきです。 2つの車輪は4つより盗むのが簡単です。 だからこそ、可能な限り保護し、お金に余裕がある限り最高のロック、チェーン、トラッカーを手に入れるべきだと考えています。

ただし、ロックとチェーンは通常は非常に単純ですが、オートバイトラッカーには使用に際して、少し微調整が必要な場合があります。 これは単に、特定の状況で最高の状態で機能することを確認するためです。 オートバイのアラーム感度調整は、これらの微調整の1つです。

すべてのMonimotoデバイスには、ほとんどのシナリオで適切に機能するように最適な設定があらかじめ搭載されています。 ただし、それらを調整して、特定のニーズに合わせてトラッカーをカスタマイズすることもできます。 必ずしも必須ではありませんが、オートバイのアラーム感度調整によって、安心感が増えるでしょう。Monimotoアラーム、トラッキング、およびGPSシステムは、一般的な英国のオートバイ、スクーターに最適化されています。 ただし、遠くへの旅行を計画している場合、または毎日の通勤で使用する場合などは、念のために設定を確認することをお勧めします。

ここでは、オートバイのアラーム感度を調整して、状況に合わせてカスタマイズする方法を説明します。 特定の時間と場所でバイクを最大限に保護するために、それについて検討することをお勧めします。

オートバイのアラーム感度とは

まず最初に、Monimotoアラームがどれほど敏感で、なぜそれが重要なのでしょうか?問題は、何もない状態では起こりません。閉じたガレージでも、駐車場でも、路上でも、バイクは外からの影響を受けます。突風、激しい交通振動–これらすべてが警報システムに影響を与える可能性があります。例として、地下駐車場にバイクを置き、近くに地下鉄がある場合、列車が通過するときに揺れと振動が絶えず発生します。

ここでオートバイのアラーム感度の出番です。それが最も敏感に設定されていて、バイクを振動の多い場所に駐車している場合、それがアラームを引き起こす可能性があります。一方、設定を低くしていると、バイクが実際に移動しているときにのみアラームが鳴ります。

Monimotoには、アラームを送信するか保留するかを決定する統合アルゴリズムがあります。これは、オートバイの全方向の傾斜角度、この角度の変化の速さ、長さなど、いくつかの要因に基づいています。たとえば、誰かが自転車を傾けてキックスタンドを立てると、Monimotoが反応します。一方、突風の場合は、動きを無視します。

アラーム感度レベル

アラームの感度設定が正しいことを確認するには、最初に通常バイクを停めておく場所について考える必要があります。自宅や静かな郊外、田舎などにある場合は、アラームを最も敏感に設定することをお勧めします。このようにしておくと、トラッカーはバイクのわずかな動きにも反応します。結局のところ、アラームが早く届くほど、はやく反応して、盗難を阻止したり、取り戻す可能性が高くなります。一方、混雑した騒々しい通りに駐車する場合は、最も低い感度を選択できます。これは、トラックや電車が通り過ぎるたびにアラームが鳴らないようにするためです。

オートバイのアラーム感度を調整する方法

どうしたらよいかが分かったところで、Monimotoアプリを開いて、感度を設定します。手動で行わない場合、Monimotoデバイスは標準として中程度の感度に自動的に設定されます。感度設定の変更は、通常、非常に静かな場所、または非常に騒がしく混雑している場所にバイクを置いておく場合にのみ行うことをお勧めします。

バイクのアラーム感度を調整するには、Monimotoスマートフォンアプリをタップします。開いたら、[設定]アイコンをタップし、[接続]、[設定とモーション感度]の順にタップします。ここには、3つの感度レベルがあります。自分のバイクに最適だと思うものをタップしてください。これで完了です。

理想的には、いくつかの感度レベルをテストして、どれが最適かを確認することをお勧めします。また、旅行中などにアラーム感度の設定を変更できます。自宅では、最も敏感に設定し、路上では、特にバイクを路上や他の公共スペースに駐車している場合は、低い設定を選択してください。

どのアラーム感度レベルがあなたに最適ですか?以下のコメントでお知らせください!